仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない。

なぜアベは殺されたのか?

■なぜ暗殺に遭ったのか?

田中、金丸、政治家が右翼の天誅殺に遭う事はこの日本では珍しくない。しかし、今回は本当にそれらと同じであろうか?

なにもしない、無動の360方美人。

なぜアベシンパが居て、安倍嫌いが居て、なぜ対立するのか?それは彼が人が良くなんでも聞くが、何にもしないことにある。

アベノミクスとはなんだったのか?金を刷って市中に回す筈だったが、なぜか刷るだけ刷って市中にほとんど回らなかった。市中に金を回す為には幾つか面倒な『仕事』があった。しかし彼はそれをクリアすることがなかった。なぜなら彼は自らテクニカルな仕事をこなす事は出来ない人物だからだ。この迸る無能こそが彼が嫌われる理由であり、チャーミングに人を惹きつけるポイントでもある。

外交のアベと言われ、一泊何億もの外遊を続けた。なぜそれをするのかといえば、行っただけで成果になるものもあるからである。特に仕事が必要ない。就任早々に掲げた中国包囲網外交は金を使うだけ使い結果として成果が結実する事は無かった。国にとって金など意味がない。無駄遣いはペナルティにはならない。多くの国は中国と日本の両方と仲良くなれたと勘違いして喜んだ。結果として顔を売るのに役に立ったが、コスパは最悪だった。

安倍晋三が嫌いな人には、好きな人が見えていない幾つかのポイントが見えている。それはこの10年、もし別の有能な人物が首相であったならという仮定である。この失われた時間を直視することができる人にとって、安倍晋三はこの上ない地獄である。例えば経済政策であり、地方への税配分であり、エネルギー政策であり、オリンピックである。この間アメリカではスマートグリッドは完成し、いくつかの地方自治体は無駄使いに湧き、いくつかの自治体はサービス低下を迫られた。オリンピックでは多くの人々が住む場所を追われ、ビルの経営者はバブルに湧いている。もっと良い選択があると思える人には思えるし、思えない人には一生見えないであろう。

この何もしないことが彼の特徴であり当然最大の弱点である。

彼は本気で憲法改正とをする気があったのか?本当はあんな異常な憲法への改悪は本人もやりたくないのではないかとの見方もあった。口だけ説である。しかし、それだけでも充分に国を預かる者として問題がある。彼の一番の問題行為は憲法を踏み躙ったことにある。これには天皇陛下までもが身を挺して提議した程だったが、それにも気が付かなかった。

もし、改憲売国奴の刺客による犯行でないのだとしたら、あまりに多くの人にいい顔し過ぎた上、それが災いして仕事をしな過ぎたせいだ。

そして、彼の任期中、最大の争点だった、憲法9条の解釈改憲をそれぞれが考え直す必要がある。

結果として、自衛隊員は弾丸飛び交う戦地に丸腰で送り込まれ死にかけた事が日報から明らかになっている。今なら、あの決断の強行がどれだけ馬鹿げた話だったか手に取るようにわかるはずだ。

あと一日で選挙だ。与党の大勝は日本国憲法が機能不全に陥る壊憲への始まりを意味する。投票には知識と勉強を重ねた上での冷静な行動が必要だ。感情による釣りでどれだけの人が吊られるのか。

そういう個人的な感情で投票行動をとっているから、日本人は民主主義を流血革命で手にする必要があると言われてしまうのではないだろうか。

射殺犯は動機を個人的な怨みと説明したという。個人的な感情で人に投票するのだけはやめてもらいたい。