仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

ロシアが諜報機関を使って右派を煽る理由

■世界各国で起こる右派の過激行動。これを陰でロシアとKGBが支援しているのではないかという説、その理由は冷戦の継続とアメリカとの対立軸を示し、強化する事で大国としての沽券を守るため。

しかしこの大義は何か?

それはドイツが一流国の様に振る舞っているが、過去にナチスを孕んだ欺瞞が今もなお残っているではないか!という主張であると思われる。ネオナチを煽るのは、ネオナチがまだ居ると言う事を示したいからだ。

寝た子を起こし、終わらせたはずの反省をひっぺがす運動だ。

まさに、今、日本は70年かけて近隣植民地に対して示し続けた反省とお詫びを、日本国内から無にするような行動に出ていかされている。

韓国や中国の悪口をいう人間を見たら、ほっぺたを引っ叩いて即刻黙らせる必要があるのは、このスパイたちの攻撃に屈しない為の自衛行動そのものである。

どっちにせよ、道端で属性の悪口をいう様な行動を、見て見ぬ振りは日本人としてのそれこそ沽券に関わる。