仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

大日本帝国の戦争犯罪を肯定する

慰安婦に固有の領土。

戦時性暴力の肯定、植民地化と同化政策の肯定、特攻攻撃の肯定、海上における所有域の確定の先延ばし。

私たち日本人は、大日本帝国召集令状によって多くの同胞が殺された。

なぜ一番の被害者であるはずの日本人が、そのことを忘却しているのだ。

日帝は日本にあらず。そのことが認識できていない人物を生かしておき、さらにはそういう人間に国のリーダーまでも任せてしまった結果だ。

口では違うと言いながら、行動は肯定していた。そういう嘘を、見つけておきながら許していた。特攻や戦地に散った同胞の死を忘れた。

その報いは、孫曾孫の世代でも受けることになるだろう。祖先の死を疎かにしたのだから、自分が苦しむのは自業自得だ。