仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

日本の元法務大臣がしていた事

河井克行被告は公判の中で、妻で参議院議員の河合杏里被告の選挙に際して、ネット業者に、対抗馬である同じ自民党溝手顕正参院議員を誹謗中傷する偽名のホームページの作成を依頼していた事を明らかにした。

これが金の使い道だったようだ。

この業者は、同じような手口で、嫌韓を煽ったり議員の不祥事を揉み消す業務も行なっていたことが明らかになった。

予想されていたことが実証されてしまったのだ。

自民党の前科を考えれば、こうしたネット工作も合法化するような処置を組んでくるかもしれないが、流石にこれはどうだろうか?彼ら寄生虫議員は開き直りはお手の物だようだが、これは余りに下品すぎる。

デジタル庁が何に使われるのか?消費者庁が詐欺やカルト宗教の勧誘ビジネスから市民を守る名目で作られたのに、詐欺やネズミ講の隠蓑になった事を加味すれば、そういう事態も想像に難くない。