仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

さよならオリンピック、くたばれポピュリスト(首相機関説)

安倍晋三はなにがダメかー、嫌われない様にばかりしている事だ。

東日本大震災の時、民主党に一切協力をせず、菅直人ネガティブキャンペーンに終始したカルマだ。今頃になってバチが当たっているのだ。今の民主党はコロナ下で国会を開こうと、仕事をしようと必死なのが逆に笑えるくらいだ。与党は自分のメンツのためになにもできない。まさに因果応報。安倍晋三と維新と公明党に降った天罰としか言いようがない。

オリンピックはコロナが始まった時に政治決断で中止にするのが当たり前だった。長引かせれば長引かせるほど迷惑になる。

できるかもしれないが、遠距離開催でテレビは2画面、競技数は限定が限度。強引にやれば無理と無能が歴史に刻まれる。それでも止められない理由はなんだ。政治決断ができない理由はなんだ?

嫌われるのを徹底して嫌がる組織だからだ。

人より素早く決定すれば、被害は防げる。しかし、ついてこれないバカには嫌われる。危機下の政治とは嫌われることでもある。

それを今のポピュリズム政治は電通フジサンケイグループを駆使して、人気維持に巨額の金をかけた金銭ポピュリズム政治となってしまっている。

だから安倍晋三は無能なお飾りとして、あの椅子にチョコンと座っているのだ。奴は首相では無い。機関だ。首相機関だ。

これは民主主義ではない。人治ができていない。

日本は中国と同等かそれ以下の国に成り下がってしまったのだ。

その根底にあるのは、決断するリーダーを、たとえ意見が違っても民衆が全員で支えるという行動原理を、日本人がまだ理解もできず、体得もできていないことにある。