仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

なるほど!表現の自由を知らなかったんだ!

■なぜ、憲法改正を言い出すのか?

憲法には、日本国では99条に記されている様に、守る対象が「国家権力を司る者」に限定されている。

安倍改憲ではあろうことか、この憲法遵守義務に一般市民も含まれてしまっている。それはもう憲法ではなく、法律である。

だから表現の自由がポイントなんだ。

表現の自由は国体を批判することを許可する。

それは公務員の権力が批判の対象になる必要があるからだ。公が私物とならず公として機能させる為に。

だから表現の自由が理解できていず、私物化に歯止めが効かず、首相が憲法改憲したがるのだ。

刑務所の中にいる人たちになぜ法律を作らせているのか?できる人がいないからという理由でそれをやらせることの愚かさが、一般の人に理解できていないのは、日本の教育の賜物である。

安倍政権支持を恥ずかしいと思わずに言える人と会うと、笑ってしまうと同時に、彼が最下層の民であり、この世界が完成された階層社会であることに気がつき、吐き気がする。