仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

データーは全て嘘だと思った方がいい

■「支持率がある」とか言った場合。おおよそ恣意的だ。天気予報ですら、最近でこそ平日の天気がようやくスーパーコンピュータにより当たる様になったが、ソフトウェアの補習なのか外部攻撃の結果なのか、また当たらなくなったり、怪しげな予報が出ている。台風の時など、トンチンカンな場所に警報が出ていたりして役に立っているのか実際には怪しい。

ケンブリッジアナリティカはこちらの余白にこそ注目を集めたのではないか。

示されたデーターなるものによって説得される事は危険だ。特に現代社会において。

データーを信じる場合、少なくとも3点、三点倒立を待たなければ信用には足らない。そのスリーポイントの取り方にもセンスが必要だ。結局センスが必要なワケだ。