仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

慰安婦問題

■現代の「右派」なるものが慰安婦を肯定するが、それには絶対的な無理がある。

「新宿の紀伊国屋で本を買う」とか「マクドナルドでハンバーガーを買う」のと同列に「歌舞伎町で女を買う」を扱う事に無理がある。

自分の娘が、「大きくなったら風俗で働く」と言いだしたらどうするか。「世界には感染症があってどんなに薬を使っても命の危険が回避できないからやめなさい」と説明できるだろうか。

性風俗は職業としての成り立ちも歪だ。

道徳観、宗教観、それらで否定されているだけではない。警察からも監視対象に置かれる理由は、もし許可制にしなければ地下に潜り、より女性や人々の人権が脅かされる事態になるからというものだ。

韓国が情報戦による誇大広告を打っていると言いたくとも、その態度が強ければ強いほど、日本人の性に対する制度を理解できていない“無知さ”をひけらかす事になってしまう。

白い目で見られるのはそういう事だ。これも右派の平和ボケに由来する。