仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

お菓子を食べればいいじゃないか

■高級車を作ればいい。

トヨタが最初に苦しんだのは、機能は優れているのに、高級車として受け入れてもらえない事だった。

ベンツ、BMW、白人の作った車でないと、はくがつかない。高級品というものは差別と同列だ。これが日本人を苦しめた。

電気自動車を低価格で作らなくてはいけないという強迫観念がある。しかしそれは中国、インド、ヨーロッパの新興企業に負けるだろう。

今はアジア人、アフリカ、中東があり、50年前と違って白人じゃ無くても技術さえあれば高級品が作れるし認められる時代になっている。日本車のブランド力まである時代になった。

最初に高級な電気自動車を作り、それに見合ったスリムな経営にすることができるか。そして余力で、他国に工場を作って低価格車を作るというプロセスを踏む。日本の大企業は高級電気自動車のデザイン案を何故出してこないのだろう。考えるだけでもワクワクするのに。

日本のコンセプトカーはどれも誰かに気を使っている様でハッチャケていない。もっとバカにデザインをさせてみないと駄目なのにーと気がついている経営者は居ないのかな?

あっても、良いものを吸い上げることが出来ない体質の問題。