仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

咳とカタルシス

■嘔吐、吐き気は最も強い拒否の表れだ。人間が精神を病む入り口に吐き気があることを多くの精神医学者が指摘している。精神的な嫌悪感が体内に流入する遺物の拒否行動と重なる。咳もその延長線上にあることに遅ればせながら気がついた。

住宅街の道端で中年の郵便局員が携帯電話を片手に不在通知の連絡を受けている。非常に丁寧で気持ちの良い声で話しているが相手が悪いのか話が噛み合わない。結局すぐに再配達できそうだったのに後日になってしまった様だ。気の毒に…と思っていると、その郵便局員が物凄い勢いで嗚咽混じりで咳き込みを始めた。

あなたはこの仕事が辞めたいのですね。悲しい気持ちになった。これが現代病の現実なんだという事。