仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

豊かな国が生まれるとしたら

■中国は共産主義の国では無く、社会主義の国らしい。その中で二つの分派に別れ、ひとつは再分配に重きをおく一派、もうひとつは成長と競争、改革開放に重きをおく一派。今、後者が圧倒的に力を強めている。

我々アジアでは黄河文明が常に富の中心だった。阿片戦争で封じられた眠れる獅子が目を覚ましたのだ。GDP世界最高の国が出現した事は当然。地球が元のバランスに戻っただけと言える。

しかし、ちょっとだけ先行する我々は知っている。この資本による競争の機械文明が我々から奪うものが多々あることを。

チベットは現地民を収容して、チベット自体を一大観光都市に再開発している。

彼らが何処へ向かうのか、我々にはその儚さが見える。

日本人の我々はシュリンクしていく中で今後何ができるのか、何を彼らに教える事が出来るのか?

それはこの道が輝かしい未来には繋がっていなかったと言う警告だけだろう。

大阪万博などやってアホの見本を見せている場合ではない。