仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

わからない時の考え方

■f35が墜落したがこの類の事実は絶対に出てこない。それどころか「事実」とされて出てきた情報があったら、それこそ「嘘」である可能性が高い。

1、撃墜された

2、事故った

撃墜は、北朝鮮、韓国、中国、ロシア、宇宙人、民間人、アメリカ人。前例から、米、露が可能性高。

それでも事故の方が可能性は断然高い。

事故なら、機械トラブル、操縦者の健康問題、未確認生物との衝突など。

例えば北朝鮮に撃墜されたと匂わせる場合、最近コンピューター制御の航空機や旅客船の事故が多発していること、その原因がアメリカの次世代主要産業になるであろう自動走行システムのトラブルであることの可能性が強くなる。逆に整備不良や機械トラブルと発表された場合、米軍機に誤迎撃された可能性が高い。異様に秘匿にこだわる場合、内部の責任問題が起因している可能性が高い。

また発表をする当人も事実を知らない可能性が多々ある。顔色や態度もあまり考慮できない。事実だけを追うと見えることもある。

それと、そもそもこう言うことを他国の仕業と匂わせることで警戒心や不安を煽ることは世論誘導に効果がある。決定的でない発表はその可能性もある。

最悪なのは、武力衝突を誘発させる為に行われた工作だ。