仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

ハカの破壊力を活かせるとするなら

■CNNでラグビーワールドカップ日本大会の事をやっていた。記者が日本に行って地方を回ったと話していた。その記者によると、日本にとってオリンピックは有名で重要だけれど地方ではラグビーワールドカップの方がオリンピックより感心が高かったと言っていた。えー?そーかな?って思ったがよくよく聞いてみると、地方にとっては東京だけを売り込みたい訳ではないから予選だけでも地方で開催される事は重要だというのだ。目から鱗だ。

インバウンドを狙う地方自治体にとって、オリンピック招致よりラグビーワールドカップの開催会場招致の方が嬉しい。

それは日本にとってもコスパが良いことだ。国威発揚の派手さは無いがオリンピックよりラグビーワールドカップの方が役に立っている。

折しも、復興五輪という喧伝政治によって東北が資材不足で踏み付けにあい、福島の廃炉作業まで影響を受けているとかいないとか。

そんな中で竹田氏が会長を退いた。海外で行われる会議に出ると逮捕されるからじゃないかと憶測できる。大体なんで更迭じゃないのか。

「どこの国もやっている」「賄賂がなけりゃオリンピックなんて呼んで来れん!」まるで特攻隊の英雄だ。彼が人柱になってオリンピック祭りができます!って。

そんな邪神祭はやらない方がマシ。絶対に後になってから悪いことが起きるに決まってるって!悪事に身を染めなければ開催できない祝祭なんてやめておけばよかったんだ。

金持ちが地方都市にわざわざ行って「本場のハカが見られた〜」とか言ってインスタに写真アップしていたけど、それで充分じゃないか。

BBCで、銃乱射事件の追悼式でハカを踊っているのを見た。ラグビーの時よりも凄かった。ハカの顔は、先日ユネスコ無形文化遺産に登録された、ナマハゲ(来訪神・仮面・仮装の神々)の顔と通じるものを感じる。ニュージーランドの人々が現地民の人達の文化も大切にしていることに感銘を受けた。

中央線から繋がったザハ・ハディッドの新国立競技場でラグビーワールドカップが行われる。彼女の提案したキールアーチは丹下健三の国立代々木競技場にインスピレーションを受けていた。階層からの支配を抜けた脱構築、導線により設計された最新鋭の建築。

そんな未来で充分幸せになれたはずだった。

国威発揚東京オリンピックは、復古的で美しい未来も無い。反吐がでる。江戸を制圧して乗っ取った大日本帝国はあいも変わらず現地民の生活を踏みつけにしている。

我々の手で戦犯を裁き戦争の本当のフィクサーを処罰しなかった結果、その孫たちが今もまだこの国の中心にいる。本当に反省して禊を行なったのか?彼らの動向を注意深く見ていかないといけないはずだ。

鬼の形相で。