仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

経済戦争の武器は騙しだとしても

■「ネットは嘘ばかり」と言って「そうだ」と同意した者が「嘘」を「本当」だと思い「本当」を「嘘」だと思っていることがしょっちゅうある。

ここに最大の問題がある。

考えられる原因は

1、情報過多

2、情報偏執

3、意図的な情報の偏用

4、審美眼の喪失

5、意図的な審美眼の搾取

意図的と思う人達の拠り所は陰謀説であり、自然発生を唱える人の拠り所は愚衆説。

モンタージュ、キュレーション。編集により映像の意味を恣意的なものに変える技術はもはや誰でも使える枯れた技術になった。

陰謀(外的作用)も愚衆(内的作用)もどちらの可能性も100%信じるなどという事は出来ない。しかし何者かが大々的にビジネスとして情報を操作している可能性は捨てきれない。

それが意外と近くにいる町のヤクザとチンピラに毛が生えた程度の奴というショボい可能性が、実は高かそうだ。