仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

来るべき未来が間違っていたとしたら

■高度製造社会が終わり、我々は高度製造社会2.0がやって来ると思って疑わなかった。しかし、やって来たのは「高度消費社会」だった。価値観や哲学までひっくり返されてなによりここには進歩が無い。こんな世界は長く続かない。いつの日か必ず元の道への転換を迫られる。その時、戻ってこれるだろうか?

これがどの規模で起こっていることなのだろうか?都市か、国か、世界中でなのか?先行事例はあるのか?

消費の世界は生きづらい。狂気に満ちていて心に平穏が無い。製造の世界へ戻りたい。あの頃の製造の世界で無く、もっと洗練された新しい製造の世界へ。