仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

次に来る不景気は本当に死者が出るほどの不景気だとしたら

■バブル後、平成期はなんだかんだ言ってまだ生きていける世の中を先人たちは必死で保守していたが、この5年はそれらが急速に破壊されていく様を見せつけられた。オリンピック以降の景気落ち込みを知りながら、皆オリンピックにうつつを抜かす。わかっている不幸を受け入れる時、往々にしてその不幸は想像の何百倍も辛い。

五輪中首都高料金をあげるらしい。

奇数偶数という共産国のマネをする案もあるのだから魂消る。ifではなくなってきている。一番くるしむのは都内の労働者だ。更にこれをきっかけにインフレマインドに火がつけば

金持ちが大喜びする、貧乏人の大虐殺が始まる。

 

しかしそんな状態で無傷でいられる訳もない。海外に移住し、移住先で騙されて家庭崩壊が関の山。でもその後は世界市民だ。2世代かからない最短コースとも読める。本物のグローバライゼーションが裕福な島国の日本人にもやってくる。