仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

天皇制は廃止すべきではないか

■遂にエントリーが100に達した。意外と書けるものだ。この間、60年代〜90年代に世界をトップで牽引した我らが誇る電子立国日本が、見た目はほぼ変わらぬまま気がつけば経済がシュリンクし民主的にも後退し、国会、ネット、地上波テレビで「なんだ?コイツ?宗教にでも犯されたか?」と思わざるをえないような奇妙奇天烈なバカ発言を垂れ流すアホ共を眺めねばならぬ状態になってしまった根本原因はなんだったのかを考えて来た。

電磁波が脳に与える影響や、大量生産される食品のDNA破壊又は放射能を含む公害の数々は立証することが難しいので此処では扱わないとして…。

ひとつは世界的にイデオロギーの再編が起こり、冷戦が新しい電子メディアを使った情報戦争に転移したこと。そこに登場するのが世界家族会議や福音派、それらに絡め取られる知恵遅れのヘイト野郎共(反知性主義)。奴らが組織されコンテンツビジネスの一つとして回り始めている事実。そこの日本支部が存在するのではないかという外部的要因の仮説。

そしてもうひとつ、日本人を覆うこの神経症的な不安が未来に対する内発的要因によるものでは無いかと仮説した。

腐れた職場が補助金によって未来永劫続く地獄、それは元来の労働の喜びを消失させポジション争いに終始させる。

それともうひとつ、この問題を問う時、必ず考えねばならぬ古くて新しい、我々の出自に関わる問題がある。

象徴天皇制という現代にはおよそ似つかわしくない制度だ。

まず天皇には人権がない。職業選択の自由が無い。人権のない人というのは奴隷やペットと同じだ。この矛盾に一番苦しまれたのは現天皇陛下正にその人だ。私たちは彼の犠牲の上にかろうじて成り立っている。陛下は「象徴」という存在に対して真正面から取り組み一定の答えを導かれたが、我々がその事に向き合う態度が、本当はそれではいけないという事を、少なくとも過去には知っていた。

事実上、天皇は今も神なのだ。

この事はマッカーサーが指摘した様に日本人の精神を12歳の子供に固定してしまっている。それは一向に成熟しない日本人の人権意識として現れている。

天皇という万人の父親の元から自立独立出来ていない子供のマインドを日本人一人ひとりに深い意識下で影響している。

跋扈するカルト教団がしょっちゅう事件を起こす。オウム真理教事件で炸裂したが破防法の適応がなされなかった、その後この事件が徹底的に追求されることもなかった。それはカルトがこの国のビジネスとして深く侵食している事が起因している。

今我々の足元を揺るがす貯金流失、振込詐欺により人々の貯金が国家予算を超える規模で流出している。これにも背後には自立思考しない洗脳状態の作業員が関与する。ある種のカルト教団的ギミックがビジネスとして使われている。それどころか名だたる大手企業ですら宗教儀式のような新人研修やセミナーを行なっている。これは本当に由々しき事態だ。

このカルト宗教に思考と精神を乗っ取られた日本人のマインドが圧倒的に他国を凌駕していたにもかかわらずイノベーション競争に負けた根本原因だと私は考える。

天皇の人権を問題視しない態度は根本的な人権の軽視があると思われる。

人権を軽視する思想は庶民の中に広がりつつある。それは何も持たない一民が家の仕事や血縁による財産を羨む傾向が日に日に強くなっているからではないだろうか?

総理大臣ですら家業で行われる。民間人が総理大臣になった例など数えるほどしかない。田中角栄菅直人、その全てに恣意的に虚偽の悪評をつけられている。そこには嫉妬や僻みだけではなく、歴史修正を用い、意図した利益の囲い込みが見え隠れする。

市井の民は持って生まれてくることが自力で業を起こす事より良いことだと思っている節がある。

そういった状態で「象徴」から「人」へということが素晴らしいことに思えないという我々の社会が持った病巣がある。

天皇制の矛盾は天皇一家の家族の問題をも脅かしている。下劣な週刊誌やネットメディアに度重なる嘘を書かれることは恐怖以外の何物でもないだろう。

昭和の天皇は子息に当てた手紙の中で、太平洋戦争で負けた原因を、国民が道理を重んじず神秘主義に走った結果と指摘している。我々は今もその傾向をエスカレートさせてはいないか?

儒教や仏教の神を排する思想は江戸時代の庶民の根本をなしていた。それを取り上げる施作を何者かが画策した。論語老子のテキストは改竄されその真の意味を知ることは困難になった。

しかし我々が、この困難の中に立って自死せず生き残るためには真の「仁」が必要なのではないだろうか?

「仁」には人権の意があると読めるのだ。

移民問題は貴方が移民になるという問題だとすると

■jnpcで行われたピューリサーチによる移民の国際アンケートの結果の記者会見、実は日本人のマインドは他国に比べ移民に閉鎖的ではないという結果だったという。にわかには信じ難いが、他国でもネトウヨ切り裂きジャックみたいな奴は同数居るって事だとするとそれも分かる気がする。

しかし、話が進むにつれて、「移民」が「日本に来る外国人」という「名詞」ではなく「動詞」である事に気がつく。

つまり「グリーンカードをとる」ということと混ざっているのかむしろその意味で捉えているのではないか。

この国の知恵と勇気のある者は皆、戦前、満州や北南アメリカに渡った。アジアの先進的な能力者も明治後期から大正時代に多く日本に来ていた。

そういった優れたDNAを持つ彼らが、世代を超えて移動するマインドを持ち続けているという事なのだろうか。

移民は、受け入れるか受け入れないか?という問いではなく、お前がするのかしないのかという問いだとすると。

実に多くの背筋の凍る問題がある。

1、テストを受けて居住権を得ないと入れてもらえない。

2、仮に働けたとしても、数年で追い出されてしまう。

3、大変な仕事を押し付けられ魂までも削られた末、保護の対象から外され追い出される。

自由競争一辺倒のグローバリズムの社会では、遅かれ早かれ能がないと杓子定規に判断される人物は捨てられる。運良く生き延びても、また次の判断基準で競争が行われる。そうやって資源を食い尽くしていくうちに、パイはシュリンクして息苦しい毎日がより息苦しくなっていく。最早誰もが気が狂わないでは生きていけない。それでいて一歩帰属の外側に出れば地獄だ。

 

解はない訳ではない。

今競争に使っているエネルギーの全てを捨てる事だ。

今の自分に集中し、足るを知る。

他人にちょっかいしている暇など無い。

日本が朽ちた理由

■日本人の人生にはwillがないからではないか。willを筆記体で書くと、筆を激しく上下に6回動かし中央に点を打つ。アルファベットも元を辿れば表意文字でwは波を表す。willは心が躍るウキウキすること、即ち未来と習った。今も脳裏に焼き付いている。

日本スゴイはその良い部分が同時に悪い部分であるという重要事項をスポイルさせる呪術だ。

高度成長を成し得た意識は、軍国主義だったとする野口悠紀雄の理論は正しいと思う。氏によればバブルも平成の長期停滞もその戦時40年体制によるものらしい。

停滞の根源は代謝が全く無い事だ。

日本の企業の半分が筆頭株主日銀になったようだ。会社が潰れない事は労働者にとって実は良いことでは無い。会社が潰れると労働者は途方に暮れ時に耐え難い痛みを伴うが、本当は新しい世界へ転移という人生の真の悦びを獲るチャンスでもある。

才能あり心の綺麗なものは萎びて絶望し、意地と反骨に満ちた亡者だけが疲れた体に鞭打って生き残る。中央線の車内に溢れる異様な雰囲気は戦時中からさほど変わっていないのだろう。なんとなく頷ける。

株式投入は我々の財産だけでなく未来正にwillまでも奪っている。

千代に八千代に続いてはいけないのだ。

 

萩生田光一売国奴総理大臣爆誕

■日本版プロパガンダ政治の仕掛け人萩生田が動き出した。菅義偉は次期総理に名前が上がるや否や14kgも痩せた。そこまで彼の精神を疲弊させるものはなんだ?そこに奴が狼煙を挙げて来たのだ!

安倍晋三もその前の100倍ヤバかったが、更にその100倍ヤバイ時代がやって来るぞ!もう完全に“日本の時代”は終わる。新興メディアビジネスは現在のアヘン戦争だった訳だ。

DHC詐欺ビジネスの日本統治が本格化する。

イラク派兵が元凶だ

■ロバの仕事はライオンにもできるが、ライオンの仕事はロバにはできない。

市井にもどりロバとして生活をしていると思い出す。体の中を巡るライオンの血。モトには戻れない。だから、自衛隊は解体するべきだ。

日本が軍事国家に立脚点を置けば必ず繰り返す。組織による精神の統制は平和をもたらさない。

イラク派兵は何をもたらしたのか?イラクは今どうなっているのか?得たものは自衛隊にしかなかったのではないか?法律は変わった。もう二度と同じ事は出来ないのではないか?現地民は今騙されたと悔いてはいないか?

次の戦争の主戦場はミサイル開発だ。

日本海スクランブルを繰り返していれば負ける。根本を断つ施作を外交交渉で実現しなくてはならない。

絶対的な軍事力で威圧し切って勝つ事はもうできない。

今の軍事統制権を握る上層部の思考は思い上がりと現実乖離が甚だしい。近隣国との外交の中で対抗は禁じ手だ。

そう遠くないうちに巨大な失敗をしでかす事が想像に難くない。

国防の組織ではなく、真に災害派遣の組織に生まれ変わらせる為に、元自衛隊は解散させるべきだ。

無能な威圧國アメリカ、奴らから買うものなどない。貿易赤字を消す為に壊れる武器など買えば自国に死者が出る。アメリカにODAでも与えてやった方がまだマシだ。

毒親と、毒親と呼ぶ毒子

■近代都市では家族は作れないのではないだろうか。

初期の共産主義の要は家族からの独立、家族からの自由になる事を求めている。中共はこの部分の解釈が大分違っているようだ。それを言い出すと中国の田舎で社会主義はそもそも成り立たんだろうから当然だ。そもそも平等と家族は対立しないから切り離せる。

元来人間は群の動物な気もするし、単独の動物の様な気もする。どちらの方が自然なのか?

周囲に居る同世代の多くの人が、親を憎んでいて、父母とコミュニケーションもとらず実家に電話もかけない。そのくせ自分の子供とポケモン取りでデレデレしている。彼らが子から捨てられる姿が目に見える。実際そうなり始めている事例も伝え聞く。DVが連鎖するのと同様、嫌悪も連鎖する。それは態度を180度変えても同じ事なのかも知れない。殴られて育った子供が子供を甘やかして育てても失敗する。根本を見つめなおさない限り連鎖する。本当は親との関係を正しく修復する事から始めなくては、子の教育は成功しない。

しかし根本的に、親と子、三者だけの関係で正しく機能するのか?本来家族とは、父母の他に、兄弟、姉妹、祖父、祖母、母方の祖父、母方の祖母、叔母、叔父、従兄弟、従兄弟の子供…それらが沢山いて、その中に障がい者や、時々現れる正体不明のおじさん、など多種多様な人々が居るのが家族帯だった筈だ。ほんの100年ぐらい前まで。それがたった数十年でたった三人の群に分割されてしまった。適応出来るわけがない。

そもそも家族が3LDKに3~4人で「変質者には気をつけなさい」と口うるさく言われ、人がまともに育つのだろうか?脳に萎縮は生まれないのか?

現代人が抱えるうつ病や自己嫌悪、やる気の喪失、思考力の扁平、性的後退、原因はわからない。しかしそれが大きな社会の形態から生まれる問題だとすると、次のような原因が考えられるのではないだろうか?

1、公害(電磁波や化学薬品など)

2、資本主義と競争社会

3、教育

4、家族

実は家族がバラバラになった結果が2〜3世代かけて人々に変調をきたしているのかもしれない。

あまり頭を使っていると思えない人々までもが、宗教を背景にする保守的な家族主義団体、世界家族会議やその日本支部である日本会議に絡め取られていく背景には、本能的な力学が働いているのだとするとそういうことかもしれない。

天皇や国といった幻想の家族に一方的な依存をして問題を打ち消してしまうと、後の世代が苦しむことになる。

親を憎むのは誤りだ。和解しなくてはならない。どうしても理解できない相手だったら間に人を挟んででも、同じ飯を食って同じ時間を過ごす。認めることができなくとも、和解しなくてはいけない。認められないものを認めることができれば、全ての人と和することが出来る。もう自分の引いた線に惑わされなくてよくなる。許す事だ。

しかし、その為には東京の土地と家は何処も狭すぎる。

都市、そのものを破壊しなくてはいけない。