仮説を建てる

仮定の質問にしか答えはない

アベノミクスとはなんだったのか

■「今、ペプシコーラを買うとペプシマンフィギアがついて来る!」

3年後、物置から出てきた大量のプラスチックゴミを捨てることになる。

経産官僚が、「マスクを配れば不安なんかパッと消える」と言ったとか言わないとか。安倍晋三とは壊れたテープレコーダー。さびれる寸前の街の商店街で掛かるいらないキャンペーンを呼びかける放送そのもの。異次元の昭和商店街、次元錯誤。だからマスメディアの掌握が必要不可欠だったのだ。

GOTOキャンペーンを疫病下で繰り出し、高齢者を殺して平均寿命を下げるつもりだろう。しかしその影響は若者達にも及ぶ。この日本をより生き辛い過酷な世界にしてしまう。老若男女皆が未来を奪われる。

「お得」を売りにした消費喚起キャンペーン。これが資本主義の行き着く先だったのか?いや違う。

 

商品の「より良きものに高い値段が付く」これが担保されている間は経済活動は正しく機能し資本主義が正しく回る。

失敗する要因としてケインズは「美人コンテスト」をあげた。世間にある差別や偏見からブロンドの白人が選ばれるだけで「本当の美人は選ばれなくなる」と。

経済政策とは個々人が自分の思う「美人」を美人として選ぶことを助力しないといけない。これが経済へ政府が介入すべき唯一の仕事だ。

 

これを誤ると大変なことになる。助けるべきでないものを助けると、うんこでできたカレーを大量に政府が買い上げる様な事態が起きる。

今、地方の観光業は火の車だろう。

しかし、それはもうしょうがない話だ。一旦観光業は止め、転職するか、自力で新たなイノベーションを考えるしか経済は変わらない。

今都心から観光客を受け入れれば、多くの犠牲が出る。たとえ乗り切っても、競争に成功法で打ち勝ったサービスでなければ、いずれは潰えるだけだ。

経済政策は、掛け声ではなく、生えてきた新種の職業を潰さない様に大切に見守り保護する。弱ければ助け、まとが外れていれば退出させる。簡単に無職になれて、簡単に企業できる。その緻密なガバナンスの運営以外無い。皆が職業間の移動をしやすくして仕事を育てる事だ。

アナウンス効果だけの経済政策が成功する訳がない。

 

コロナ、ファクターXがワカッタかも知れない!

■日本で感染が抑えられている理由は多くの人々の最大の疑問で、これが解ける時コロナウイルス問題の大きな謎が解けるのではないかと言われてきた。

東京で指数関数的広がりを見せるかも知れないという今日のニュース。CNNではアメリカでも過去最高の感染者数であったという報告だ。そう、今年の一月から今に至るまで、世界では右肩上がりで感染者数が増え続けている。

 

日本で感染が抑えられている最大の理由は…

 

まだ感染が始まっていなかった。だけだ。

木村花さんとアベ応援団

■ネット利用の炎上商法の最前線はどこか?

自民党ネットサポーターの水増し書き込みは電通から下請けのWeb制作の事務所へ発注されていた。フジテレビで放映されている番組も、制作会社のディレクター、プロデューサーの息がかかってかかからずか、炎上を演出していた。

炎上を演出する以上、サクラの書き込みを仕込むのは当たり前だ。

そう仮説すればフジテレビは殺人加害となる。それもリアリティー番組として自社の人間に向けた殺人事件だ。

Web制作従事者は派遣、契約、を経由して個人事業主にされ、より不安定な収入の「デジタル土方」として男女問わず理不尽な雇用体制の渦中にあるが、世間からは見えていない。収入は単発で仕事の内容は選べず、中には倫理に反する様な広告、詐欺や如何わしいものを請け負うものもいる。炎上代行もそのひとつ。

2-3人組織されたとしても、普通の人間は書き込みなどしないので、声が響くのに充分だ。

評論家じみて、書き込みから日本人の陰湿性や趣向を読み取り読解しようとしてしまいがちだが、炎上を誘発する書き込みは、皆、計算されたものと考える方がストンとくる。

「日本大好き」と自己紹介するステ垢は要確認。JC(商工会議所)の可能性を。

宮台真司はわかり切った結果というが

宇都宮健児氏は記者に、今回の選挙が盛り上がりにかけた理由を聞かれて、「あなた方が報道しないからだ」と言った。

自分はこれを聞いて、メディアを抑えた小池百合子が裏から手を回して、また狡猾に田原総一郎がいうような上手い選挙戦を作り上げたという「おもしろストーリー(陰謀論)」を頭に描いていた。しかし違う。

宇都宮氏は、「メディアがサボタージュしたからこうなったのだ」と言い切っていた。

開票中の選挙事務所で彼はこうも言っている「地上波テレビの討論で、カジノの可否について言質を取る事ができれば、小池氏も(カジノ誘致を)無闇に実行できなくなる。記録が残るから。」

そういう意味で今回、本来の意味の選挙、「人々が問題を共有して選ぶ」という動作が全く出来なかった。

それが小池百合子圧勝の真の意味だ。

 

日々、我々は機械とシステムに囲まれて生活しているので、勝敗は常に開戦のずっと前に決まっていると、思い込まされている。しかし、それは半分本当で半分妄想だ。

 

我々の日本はもう終わっている。ので、「一度落ちるところまで落ちればいい」というがおそらくこの世界は「底無し沼」だ。

自らが行為せず、救わなければ、永遠に落ちていき止まらない。

仮初の民主主義でも、ちょっとでも実現したいと思うならば、手を伸ばして救い、支えなければならない。

日本が朽ちても、他のアジアの国が成功するか?自分はそうは思わない。日本が落ちれば、周囲は数年から数十年後に同じ抜け道を辿り朽ち果てる。アジアの悪霊は日本の攻略を手本とする。

香港も日本の官僚等が無気力に従属している様にやがては毒され権力の元に無気力に従う。1984年で最後に主人公がした様に。

外国人記者クラブにアグネスチョウが助けを求めてきたのに救いきれなかった日本人のマスメディアの凋落と責任はもっともっと大きい。

業と俗

■よるのまち の次は メイド喫茶

コロナウイルスは調べたところで出る。専門家委員会は間違っている。6次の隔たりを知らない。クラスター対策の盲点だ。というよりクラスター対策自体が盲点化している。個発令を追跡するというのはビックデータ活用とGPSトレースで既存のクラスター対策とは決定的に違う。

口で語られる行動履歴などなんの意味もない。地図上の細密なグラフィックデータこそが必要になる。それにしても蔓延が進めばなんの意味もない。検体数をあげれば皆電車や職場、市中あらゆる場所で感染している事が証明され、手遅れが立証されるだけだ。

その事を意識的にか無意識下でか、遠ざけたい決定権者がいる様だ。

目を曇らせた原因は、偏見と差別心。

カジノを誘致するので、コロナ対策と称して市民の風俗に規範を叩き込む。そこまで明確な意識がなくとも、自分に下される不道徳の烙印を跳ね除けたい。思い上がった支配行動は必ず自らの首を締める。

こういう業が社会全体の業となって我々に返ってくる。

経済成長を捉え直し、悔い改める良いチャンスだったにもかかわらず、東京都民も頭から皆、過去に目を向けずに、過去にすがり続ける様だ。

大きな失敗が怖い。

 

企業封建主義

小池百合子と維新吉村のブームは、反リベラル、トランプムーブメントと同じ構造を持った、脱グローバリズムの世界的ネットワークのマーケティング(政治商法)だ。

これはロシアが冷戦後の新しいレジームとして、ロシアを大国に止める為に工作した、ロシア聖教とプーチン財閥が作り出した、右派ムーブメント、『世界家族会議』を主体として、アメリカでは、メガチャーチで繰り広げられるキリスト教福音派がカルトがかった新宗教や、日本の政界に根を張り巡らせている悪名高き「日本会議」と繋がりがある。

 

この人たちの主張の根本は、極度の自己中心主義とそれを誤魔化す為の仲間主義。この仲間主義はゲーテッドコミュニティに見られる自分の利益エリアに線を引く行為、「イカサマ王」と呼ばれる手法で分断と記載される。このエリアラインは簡単に動き、民衆はいつでも弾き出される。

今回、立花孝志の票はバレて桜井誠に流れた。小池百合子の票がバレて維新に動くと読んだ様だが、維新より小池の背後にいるマネージメント企業の方が有能だった様だ。人々も、騙されるならば人ではなく法人であること望む傾向がある様だ。それは日本に長く続いた封建主義のせいか、天皇制のせいか?これが日本の企業封建主義の実態と予測する。

それでも、多くの都民がわざわざ雨の中投票所に通い、もう仕事が全く出来なくなっている小池百合子に投票する心理を溜飲するのは自分には難しい。

それとまだ、あとひとつ説明ができていないプレイヤーがいる。それは中国だ。

シュウテイ氏が逮捕されてしまった今日、中国の株式市場が爆騰だったことをどう分析すればいいのか?

中国共産党こそが企業化していると読むべきなのか?